欲しい物件別中野区のおすすめ不動産会社
  • 戸建て購入ならこの不動産会社
  • マンション購入ならこの不動産会社
  • 土地購入ならこの不動産会社

家を購入して失敗したこと7選

建売住宅にせよ注文住宅にせよ、家を購入するときには誰もが細心の注意を払うものです。

しかし、それでも「失敗した」「こうすればよかった」という声が跡を絶ちません。

そこでここでは、家選びにおける失敗を減らすために、家選びで失敗したというポイントを挙げていきます。

自分で家を選ぶときに失敗しないように、他人の失敗例から学んでいきましょう。 

1.間取りで失敗した

落ち込む

家の購入で1番多いのが、間取りに関する失敗です。

生活動線的に使いづらい間取りだったり、部屋数が足りなかったり、部屋が広すぎたり狭すぎたりして過ごしづらいような場合がこれにあたります。

「広いと使いづらいの?」と疑問に思う人がいるかもしれませんが、壁のない広い部屋は案外家具を起きづらく、特に単身者や少人数の家族は広さを持て余してしまいがちです。

また、広いと冷暖房の効きが悪いという副作用もあります。

将来的に家族が増えても困らないように、将来を見据えて適切と思われる間取りを選びましょう。

2.立地で失敗した

駅から遠い、スーパーやコンビニから遠いなど、立地に関する悩みは多いものです。

不動産の価格が安いからと言って飛びつくと、お店から遠くて職場までのアクセスも悪い物件にあたることが多くなります。

「多少の不便なら耐えられそう」と思っても、実際に生活を始めて長期間経過した結果、耐えられなくなって来たという例もあります。

短期的に問題がなくても、ずっと住み続けると辛い場合があるのです。

不便に慣れることができればいいのですが、そうでない場合は立地のせいで不幸になることもあります。

3.設備で失敗した

特に注文住宅を買った人に多いのですが、プールやジムなど特別な設備を整えたのに、維持管理の手間が予想外にかかるためその設備を使わなくなったという失敗例があります。

芝生に憧れて広い芝生の庭を手に入れたものの、美しさを維持するコストに負けてしまい、草が伸びるに任せるといったケースも見られます。

建物は建てて終わりではありません。全て自分でコストをかけて維持管理をしなければならないのです。

管理が難しい設備を深く考えずに導入すると、手間がかかるせいで放置することに繋がりかねません。

4.防音で失敗した

楽器

自分の音が外に漏れない、または外の音が家に入ってこないための防音には、多くの人が気を遣います。

しかし、意外と家の部屋同士の防音は疎かにしがちです。

2階の足音が1階に響いてきたり、1階のテレビの音が吹き抜けを通じて2階まで聞こえてきたりする例は、割りと多いのです。

特に建売住宅では、音のことまで確認しない人が多いようです。

できれば複数人で内覧に行き、それぞれ別の部屋で音を立ててみて、お互いの音が聞こえるかどうかを確かめてください。

5.断熱性能で失敗した

断熱性能は、家を外から見ただけではわかりません。

注文住宅であれば断熱材の量を指定できますが、建売住宅ではどこにどれだけ断熱材が使われているかわからないことが多いのです。

建売住宅を見に行くときは、担当の営業員などから断熱性能について聞いてみましょう。

どこにどのくらい断熱材が使われているか、どんな断熱材が使われているかが分かれば、ネットなどである程度の断熱性能を後から調べることができます。

6.収納で失敗した

収納スペースは多いほど良いのですが、収納するものとマッチしていないと困ったことになります。

例えばそれまで和風の家に住んでいた人が洋風の家を買い、これまで使っていた布団をクローゼットにしまおうとすると、敷布団の幅が洋式クローゼットの奥行きより大きくて入らないといったケースが見受けられます。

単に「収納がある」では不十分なのです。

また、階段下の収納スペースが暗すぎて昼でも懐中電灯が必要な場合や、収納スペースの換気が難しい構造のためカビが生える場合もあります。

収納スペースは「量」も大切ですが、「使い勝手」も同じくらい重視してください。

7.シックハウス症候群で失敗した

建材に含まれている接着剤などの化学物質が揮発して、この成分によってアレルギー反応などが起こることがあります。これをシックハウス症候群と言います。

換気をすることで室内の化学物質を外に追い出せますが、昨今の気密性の高い家では化学物質が数ヶ月単位の長期にわたって揮発し続け、その間シックハウス症候群に悩むというケースが見受けられます。

せっかく新築物件に住んだのに、身体に害があるようでは大変です。

注文住宅で無垢素材を活用すればシックハウス症候群の多くは防げますが、建売住宅では予防が難しい状態です。

シックハウス症候群になるかどうかは住んでみるまでわかりづらく、もし発症してしまったら換気や清掃で対応するしかないのが現状なのです。

まとめ

シックハウス症候群など予防が難しいものもありますが、家のトラブルの多くは購入前によくチェックすることで防ぐことができます。

住宅購入の際には本記事のような失敗例を踏まえてチェックリストを作成しておき、見落としがないかを確認するのがおすすめです。

pagetop