中野区の不動産会社比較【完全版】 » 家を購入するときの基礎知識 » 住宅ローンのこと

住宅ローンのこと

住宅ローンの基礎知識 ~種類・返済・金利~

ここでは、住宅ローンに関する基本的な知識を解説します。

住宅ローンの種類、返済方法、金利タイプの基本をおさえておきましょう。

住宅ローンについて

住宅ローンには、公的ローンと民間ローンの2種類があります。

公的ローン

住宅金融支援機構融資、自治体による融資、財形住宅融資などが属します。
公的ローンのメリットは、民間ローンに比べて収入面など「人」に対する審査の条件が緩いこと。また、民間ローンに比べて金利が低めであることもメリットです。
一方、デメリットは、物件にある程度の条件がつけられることがある、とった点。民間ローンに比べて、少し物件の自由度が狭まります。

民間ローン

銀行融資、信金融資、住宅ローン専門会社融資、生命保険会社融資などが属します。民間企業の福利厚生として行われている社内融資制度も、民間ローンに分類されることがあります。
民間ローンのメリットは、公的ローンに比べて融資限度額が高いこと。また、公的ローンに比べて物件に対する制限が少ないこともメリットです。
一方、デメリットは、公的ローンに比べて金利が高めなこと。さらに、「人」に対する審査が厳しめであることも挙げられます。

住宅ローンの返済方法について

住宅ローンの返済方法は2種類あり、元利均等返済と元金均等返済といいます。

元利均等返済

毎月同じ金額を返済するシステム。元本と金利を足して、毎月同じ金額になるよう計算します。
メリットは、月々の家計の予定が立てやすくなること。デメリットは、元金均等返済に比べて返済期間が長くなること。返済期間が長ければ長いほど、総支払額は高くなります。

元金均等返済

毎月一定額の元本と、そこにかかる金利を返済するシステム。元本が一定ペースで減れば、それに合わせて金利も低減していきます。
メリットは、返済ペースが早くなることによって総支払額が安くなること。デメリットは、返済の前半は支払い額が高くなること。支払い初月をピークに、毎月徐々に支払い金額は少なくなっていきます。

金利タイプ

金利タイプには、主に完全固定金利型、変動金利型、固定期間選択型の3種類があります。

完全固定金利型

支払いが終わるまで金利が一定のタイプ。メリットは、返済額の予定を立てやすいことなど。デメリットは、市中金利低下の恩恵を受けられないことなどです。

変動金利型

半年ごとに金利の見直しが入るタイプ。メリットは、世の中の金利が下がれば、返済額も下がるという点。デメリットはその逆で、世の中の金利が上がれば返済額も上がってしまう、ということです。ただし、無限に返済金利が上がるわけではなく、上限が設定されています。

固定期間選択型

当初は完全固定金利型でスタートし、3年や5年といった一定期間を区切りに、改めて金利タイプを見直す方式。メリットは、金利タイプ見直しの時点で、より有利なタイプを選べるという点。デメリットは、変動金利タイプに変更した場合、その後の金利が上昇したとしても、返済金利に上限が設定されていない点です。

金利タイプは、銀行等の融資機関によって、さまざまな設定が設けられています。ご自身の資産状況、収入見通しに応じて、窓口で相談してみましょう。