中野区の不動産会社比較【完全版】 » 家を購入するときの基礎知識 » 住宅ローンのこと

住宅ローンのこと

住宅ローンの基礎知識 ~種類・返済・金利~

ここでは、住宅ローンに関する基本的な知識を解説します。

住宅ローンの種類、返済方法、金利タイプの基本をおさえておきましょう。

住宅ローンについて

住宅ローンには、公的ローンと民間ローンの2種類があります。

公的ローン

住宅金融支援機構融資、自治体による融資、財形住宅融資などが属します。
公的ローンのメリットは、民間ローンに比べて収入面など「人」に対する審査の条件が緩いこと。また、民間ローンに比べて金利が低めであることもメリットです。
一方、デメリットは、物件にある程度の条件がつけられることがある、とった点。民間ローンに比べて、少し物件の自由度が狭まります。

民間ローン

銀行融資、信金融資、住宅ローン専門会社融資、生命保険会社融資などが属します。民間企業の福利厚生として行われている社内融資制度も、民間ローンに分類されることがあります。
民間ローンのメリットは、公的ローンに比べて融資限度額が高いこと。また、公的ローンに比べて物件に対する制限が少ないこともメリットです。
一方、デメリットは、公的ローンに比べて金利が高めなこと。さらに、「人」に対する審査が厳しめであることも挙げられます。

住宅ローンの返済方法について

住宅ローンの返済方法は2種類あり、元利均等返済と元金均等返済といいます。

元利均等返済

毎月同じ金額を返済するシステム。元本と金利を足して、毎月同じ金額になるよう計算します。
メリットは、月々の家計の予定が立てやすくなること。デメリットは、元金均等返済に比べて返済期間が長くなること。返済期間が長ければ長いほど、総支払額は高くなります。

元金均等返済

毎月一定額の元本と、そこにかかる金利を返済するシステム。元本が一定ペースで減れば、それに合わせて金利も低減していきます。
メリットは、返済ペースが早くなることによって総支払額が安くなること。デメリットは、返済の前半は支払い額が高くなること。支払い初月をピークに、毎月徐々に支払い金額は少なくなっていきます。

金利タイプ

金利タイプには、主に完全固定金利型、変動金利型、固定期間選択型の3種類があります。

完全固定金利型

支払いが終わるまで金利が一定のタイプ。メリットは、返済額の予定を立てやすいことなど。デメリットは、市中金利低下の恩恵を受けられないことなどです。

変動金利型

半年ごとに金利の見直しが入るタイプ。メリットは、世の中の金利が下がれば、返済額も下がるという点。デメリットはその逆で、世の中の金利が上がれば返済額も上がってしまう、ということです。ただし、無限に返済金利が上がるわけではなく、上限が設定されています。

固定期間選択型

当初は完全固定金利型でスタートし、3年や5年といった一定期間を区切りに、改めて金利タイプを見直す方式。メリットは、金利タイプ見直しの時点で、より有利なタイプを選べるという点。デメリットは、変動金利タイプに変更した場合、その後の金利が上昇したとしても、返済金利に上限が設定されていない点です。

金利タイプは、銀行等の融資機関によって、さまざまな設定が設けられています。ご自身の資産状況、収入見通しに応じて、窓口で相談してみましょう。

住宅ローン控除とは?

新宿駅から5分足らずと新宿へのアクセスが良好なことから、東京の居住エリアの中でも人気の中野区。娯楽施設や商業施設などが多く点在し、利便性の面でも抜群な地域として知られています。

また、東京の中心部とも言える中野区では教育環境や子育て支援などが充実している点から人気のエリアとなっており、中野区に家族で引っ越してくる方も増加傾向にあります。

人気のエリアである中野区には優良不動産が多数出回っていますが、住宅の購入をした際に大きなメリットとなる住宅ローン控除とはどんな制度なのか、更には中野区の取り組みなどを紹介します。

中野区の特徴とは?

住宅購入を検討する際に大きなポイントとなるのが治安の状況ではないでしょうか?ましてや、子育て中の家族の場合は大変気になるものです。

東京23区の中でも、中野区は治安が良い街として評判となっており、犯罪の発生率がかなり低くなっているのが特徴です。

また、交通事故の発生率も他の区に比べ低くなっており、商業施設が多くあり道路が狭いイメージですが、実は治安が良く住みやすい街であると言えます。

もう一つ中野区の大きな特徴として挙げられるのが子育てしやすい環境が整っている点です。

例えば認可外保育園の入園に対しても補助金が発生し、ひとり親の家庭の場合は医療費の助成もあります。

また、妊婦にも優しい街で、定期健診の際に超音波検査が受けられますし、里帰り出産制度が設けられており、中野区以外の出産にも還付金が支払われるようになるなど、子育て中の家族や妊婦さんには嬉しい制度が目白押しなのも魅力です。

中野区は、秋葉原に次いでオタクやアイドルの聖地としても名高く、閑静な住宅地と混在しているのも特徴の一つ。

また、中野駅はJR中央線快速、中央・総武緩行線、東京メトロ東西線のターミナル駅となっており、始発がたくさんあり乗車人数が多いことで知られています。

食事にこだわる方には嬉しいお店もたくさんあるなど、住みたい街として人気の中野区は子育てファミリーを始め多彩なニーズに応えてくれる魅力溢れる街です。

中野区の不動産状況

中野区は、マンガやアニメ、ゲームなどオタク文化が盛んな地域として知られており、この文化に魅了された人々が世界中から訪れる場所です。

中野区の不動産の特徴としては、古くから若者が多く住む街として賑わい、下宿やアパートなどの古い木造住宅が多くなっている点です。

木造賃貸住宅の割合は東京23区内で最も高くなっており、その過密度も23区内では上位に食い込むなど、市街地が密集していることがこのエリアの大きな特徴となっています。

その理由は、建ぺい率や容積率の問題が大きく、敷地を最大限に利用して建築できるようになっているためで空きスペースが殆ど無いといった状態になっているからです。

そんな住宅密集地帯の中野区でも、人気の高いエリアとなっているのが中野駅近くのエリアです。

特に、通勤や通学の利便性が特化しているのが人気の理由で、極小地を最大限に活かした都市型住宅が多くみられ、建築物も上に高くすることが一般的で坪単価が高額になります。

中野区でも閑静な住宅地を希望するなら上鷲宮エリア。練馬区や杉並区に隣接している地域で、燐家同士の空きが中野区随一とも言われています。

ただ、交通の利便性の面ではあまり良いとは言えず交通のアクセスを重視している方には敬遠されがちです。

しかし、閑静な住宅地ですので環境の面ではおすすめで、お買得物件に出会えるチャンスが多くなります。

新宿にも近く、娯楽施設や商業施設が充実していることから大人気の中野区。人気のエリアだけに不動産物件も高額となりがちですが、条件によってはお得な物件に出会えるチャンスも少なくありません。

住宅ローン控除の仕組み

住宅購入の際に利用するのが住宅ローンですが、所得税の確定申告の際にローンの残額に応じて控除が適用されます。

その控除が住宅ローン控除で、銀行などから住宅ローンを借りて自らが居住する住宅を購入した場合に適用されます。

その年の年末のローン残高に応じて所得税及び住民税が控除される制度で、サラリーマン、自営業者問わず、住宅を購入した翌年の3月15日までに確定申告することで利用が可能となります。

住宅ローン控除を受けるには以下の条件をクリアすることとされています。

対象となるローンの種類と条件

  1. 住宅と土地を購入するためのローンである
  2. 返済期間が10年以上である
  3. 下記の金融機関からの借り入れである
  • 銀行
  • 住宅金融支援機構
  • 信用金庫・信用組合・農協
  • 各種公務員共済組合
  • 地方公共団体
  • 勤務先など

住宅の要件

床面積50㎡以上で木造など耐火建築物以外は20年以内に建築されたもの。

耐火建築は25年以内(規定の年数を超えている建築物の場合は、耐震基準に適合していることが証明されているか、耐震基準に満たないものは居住の日までに耐震改修工事が完成しているものなどの条件があります)

入居時期

購入後6ヶ月以内に入居して引き続き住んでいる

購入した年の所得合計

3,000万円以下(各種の控除額を差し引いた金額)

住宅ローン控除は、その年の前後各2年間、合計で5年間の間で3,000万円特別控除や特定居住用財産の買換え特例を利用していない場合に適用されます。

また、住宅ローン控除が受けられるのは契約者のみが基本となっていますが、夫婦でローンを負担している方の場合は負担額に応じてそれぞれ住宅ローン控除が受けられるメリットがあります。

更には、要件を満たす不動産であればローンを借り換えた場合でも、借り換え後の住宅ローンに対して控除が受けられるようになっていますので、その都度返済計画を見直しライフスタイルに合わせたベストな返済スタイルにすることも可能です。

その他にも併用できる特例があり、優先させる控除もあるなど計算は複雑で、所得額が多い場合や各種の所得がある場合には煩雑となりますので、控除額を計算する場合には区役所や税務署などに問い合わせてみるのがおすすめです。

中野区の住宅ローン控除

自らが居住する住宅を、住宅金融支援機構や銀行などのローンを利用して購入した場合に受けられるのが住宅ローン控除ですが、中野区の場合も住民税の住宅ローン控除が適用されます。

対象となるのは、平成21年~平成33年までの間に入居して住宅ローン控除の適用を受け、所得税で控除しきれなかった金額がある方になります。

住宅ローン控除に於いての住民税の控除額は以下のようになっています。

  1. 所得税の住宅ローン控除可能額のうちで控除しきれなかった金額
  2. 所得税の課税総所得金額などの5%(97,500円を限度とする)

ただし、居住年が平成26年4月以降であり、住宅に適用される消費税率が8%又は10%である場合は、所得税の課税総所得金額などの7%となります(136,500円を限度)

上記のうちいずれか少ない額が控除額とされ、住民税の所得割額から差し引かれることになります。

手続きに関しては、住宅ローン控除を受ける方が税務署に提出した確定申告情報を基に所得を把握できる仕組みとなっていますので、住民税に関しての申告は不要となっています。

所得税の確定申告をする際には、確定申告第二表の定められた欄に居住開始年月日を記入することになっており、住宅に適用される消費税率が8%又は10%である場合には、居住開始年月日の末尾に「(特定)」と記入するように定められています。

制度の改正により変更されていることもありますので、詳しくは区役所に相談してみることがおすすめです。 

まとめ

新宿に近く住みたい街として大人気の中野区は、子育て支援に関して積極的に取り組み様々な制度が充実しているのが大きな特徴です。多くの娯楽施設や有名な飲食店が立ち並んでいるのも魅力ですので、住宅ローン控除を活用して自分のライフスタイルに合った住宅を手に入れましょう。