中野区の不動産会社比較【完全版】 » 中野区の子育てへの取り組み

中野区の子育てへの取り組み

中野区の子連れにやさしい制度って何かあるの?

子育てに最適な物件選びをする上での判断基準として、その地区の子どもに対する制度があるかどうかも重要なポイントだと思います。

中野区だけで見てみると、認可外保育園の入園などには補助金が発生し、家庭の金銭的負担を軽減してくれるだけではなく、ひとり親家庭に対して、医療費の助成を行う制度もあります。子どもが少しでも豊かに過ごせるような制度が多いのが中野区の特徴です。

それだけではなく、妊婦の状態でも中野区は制度が充実しています。検査には超音波診査を受けられたり、里帰り出産制度により、中野区を離れていても中野区に還付金請求ができるようになります。

妊婦にもやさしい制度が豊富にあるのが中野区の魅力です。今回はそんな中野区の子育て制度を掘り下げて説明していきます。

中野区は育児ファミリーに向けたどんな取り組みをしているの!?

中野区は子育てをするファミリー層へ向けた制度が非常に充実しています。なので、子育てを行うには非常に最適な土地でもあります。なぜここまで、中野区が子育てに関して積極的な姿勢を見せているのかというと、中野区子ども・子育て支援事業計画があるからです。この計画は「子どもたちがのびのび成長し、楽しく子育てができるまち」をコンセプトとして、中野区全体で子育てがしやすいように制度などの環境整備を推進しています。

そのため、妊婦の段階からさまざまな支援を行い、妊娠期の健康診断や指導、産後の支援などを充実させてきました。さらに里帰り制度もあり、実家のある他県に里帰りして出産する場合も、中野区へ還付金請求が可能になり、妊婦にとっても非常に過ごしやすい環境が整っています。

そして、子どもに対する制度も非常に充実しています。その精度の中でも注目されているのが、『子ども医療費助成制度(マル乳・マル子)』です。この制度は「中野区子どもの医療費の助成に関する条例」を元に0〜15歳までの子どもが受けた保険診療の費用を区が助成してくれる精度のことです。

その助成の割合は、未就学児の場合は自己負担額の2割、就学児の場合は自己負担額の3割となっています。この制度は中野区に住民票がある場合受けることができ、所得による制限がないので多くの子ども達が受けることができます。

ただし、生活保護を受給している方と児童福祉施設に入所している方、里親に委託されている方は助成金を受ける事ができません。その他にも保育園の入園料や通園料などを負担してくれる制度もあり子どもたちがのびのびと生活できるような環境が整っているのが中野区の特徴です。

育児制度も大事だが、周りの環境もとても大事!

中野区には子育てを支援してくれる制度がいくつもあります。子育てに関してしっかりサポートしてくれる環境が整っているのは嬉しいですね。

さらに、妊娠している方へのサポートも充実しているため、結婚してこれから子作りをしたいという方も移り住んでみるのもいいです。

しかし、移り住む際は区のサポートだけではなく、周りの環境にも注意していきましょう。公園などがあると、自分と同じ状況のお母さんとも知り合いやすくなります。他のお母さんと交流することで、子育てに関する相談や知恵なども教えてもらえます。何より同じ悩みを共有できることは大きな助けになると思います。そうなれば子育てもより楽しくなるでしょう。さらに、子どもにとっても年の近い子どもが周りにいることでメリットもあります。社会性などを自然と身に着けやすく、思いやりの心を成長させるのに絶好の状況です。

ただ、周りに同じ状況のお母さんがどれだけいるのかなどを調べるのは非常に難しいです。そこで、分譲住宅に引っ越しをするという選択肢もオススメです。同時期に自分と同じ状況のお母さんが引っ越してくるので、他のお母さんとのコミュニケーションが取りやすいです。コミュニケーションを密に取ることで、なにかあった時に非常に心強い味方となってくれます。

さらに、分譲住宅だと周りの顔ぶれはあまり変わりません。なので、不審者が来ても気が付きやすく、安心して生活することができます。少し人間関係などで、面倒な印象はありますが、同じような年代や生活水準の人が集まりやすいので、打ち解けやすいです。