中野区の不動産会社比較【完全版】 » 中野区の子育てへの取り組み » 子育て向きの間取り

子育て向きの間取り

子育てする上での人気の間取りを教えて!?

子ども育てるのに間取りは重要な要素です。のびのび育って欲しいのなら、狭い間取りだとデメリットの方が大きいです。子どもを育てる場合の間取りで気にするべき点は居場所があるのかということが大事になってきます。子どもにはただ、広い部屋をあげればいいものではありません。

いかに部屋で遊ぶことができて、親子と対話もできるのかも大切な要素です。さらに、子どもの成長は非常に早いです。今の子どもに合わせた間取りだとすぐに物足りなくなってくこともあります。そういったことも踏まえながら、間取りを考えていく必要があります。なので、このページでは子どもに合った間取りについて説明していきます。

やはり、自分たちで間取りを考えるのは非常に難しいですからね。そこで、最初におすすめする人気の間取りの1つが、仕切りを無くしたワンフロアの間取りです。

リラックスから料理などさまざまな空間がつながっており、広々としているのが特徴です。ありとあらゆる生活シーンが独立せず、つながっていることで、親子が接する機械を大幅に増やすことができます。そうなれば、積極的なコミュニケーションを図ることができ、子どもにとっても居心地のいい空間を提供することができます。

実は・・・こんな間取りもあるんです!!

子育てに最適な間取りを選ぶことは大切なことです。しかし、建築に関して素人の場合、どのような間取りが最適なのかわかりませんよね。子育てに最適な間取りの中で特に人気が高いのは『対面キッチン』です。対面キッチンは、シンクのスペースの前の壁を取っ払い、リビングやダイニングなど他の空間と対面できるキッチンのことを指します。ママさんだと朝ごはんや晩御飯を作るためにキッチンにいることが多くなります。その間は、子どもの様子をみることができません。

子どもは目を話してしまうと何をするかわかりません。もし危険が迫っていてもシンク部分に壁があると、気がつかない場合もあります。

料理しながらでも、子どもの様子を見ることができて、コミュニケーションが取れるのは嬉しいですね。

実際に対面キッチンにした方の声を聞いてみると、「キッチンにいる間も家族と会話ができるようになった」という方や、「キッチンにいる間も孤独感を感じないようになった」「キッチンで片付けなどをしながら、子どもの宿題を見てあげられるようになった」など、家族とのコミュニケーションに関する嬉しい声が多いです。子どもに居心地のいい空間を作るためにも対面キッチンは最適な間取りですね。

次に人気な間取りが「リビングと和室をつなぐ間取り」です。和室は基本的に引き戸が設けられ、独立した空間とされています。その引き戸を常に開き、リビングの一部とすることで広い空間を作り出すことができます。

さらに、引き戸は付いているので、状況によって臨機応変に和室を独立させることができます。ゆとりのある空間にすることで、子どもにのびのびと育ってもらえるような状況を造ってあげることができるのはうれしいですね。

実際に「リビングと和室をつなぐ間取り」にした方の声を聞いてみると、「和室と繋げることでリビング広くなった」や「全く違和感なく開放できる」「臨機応変に切り替えて、和室を使えるようになった」など空間が開放的になったなどの声が非常に多いです。子どもにのびのびと育ってもらうのなら、「リビングと和室をつなぐ間取り」は重要ですね。

間取りは間取りのプロへ

上記が、子育てをしているママさんにも非常に人気の高い間取りです。ここまで説明してきたことを意識して、子育てに最適な間取りを決めていくのもアリです。

しかし、あまりに間取りに関して知識がないと、今回紹介してきた間取りを取り入れようとしても、土地の状況などで必ずしも取り入れられるわけでありません。現に、土地に合わせて家を建てた結果、間取りが上手く機能せず、逆にマイナスになってしまった失敗談も多くあります。

家を1度建ててしまうと、その後間取りに問題があったとしても、修正するのは難しく我慢するか工夫することしかできません。せっかく子育てに人気の間取りを取り入れたのにデメリットにしてしまいたくはないですよね。だからこそ、独断で決めていくのではなく、不動産会社や住宅メーカーに相談してみるのをおすすめします。

やはり、住宅のプロなので、どういった間取りがいいのかなどを信頼して聞くことができます。失敗を少しでも回避するためにも、まずは住宅のプロに相談して間取りを決めましょう。