中野区の不動産会社比較【完全版】 » 住宅購入の前に!中野区にある駅の周辺情報と不動産相場 » 新中野駅

新中野駅

アクセス、住環境ともに理想的な街/新中野駅周辺

新中野駅は、東京メトロ丸の内線に属しています。特に通勤の便が良いことから、不動産購入の候補としてはたびたび名前のあがる駅名です。
JR中野駅ほどではありませんが、駅前は比較的賑やかな場所。少し歩けば、静かで落ち着いた雰囲気の街並が広がっています。

通称「なべよこ」で知られる、鍋屋横丁商店街もあり、仕事帰りの方が買い物をしている風景も見られます。また、近隣の杉山公園には、子育て中のママさんの姿もよく見られます。

路線バスも多く出ている街で、駅前からは新宿、渋谷、中野、永福町、王子などとつながる発着があります。

新中野駅周辺の不動産物件例

  • 新築一戸建て:4,980万円
    3LDK/建物面積62.33m2/2016年1月/新中野駅から徒歩9分
  • 中古一戸建て:6,180万円
    3LDK/建物面積99.59m2/2003年10月/新中野駅から徒歩11分
  • 新築マンション:3,490万円
    1R/専有面積34.34m2/2015年7月/新中野駅から徒歩3分
  • 中古マンション:4,880万円
    3LDK/専有面積58.06m2/2012年12月/新中野駅から徒歩17分
  • 土地:3,995万円
    45.6m2/新中野駅から徒歩8分

新中野駅周辺の特色

江戸時代、現在の新中野駅の近くに、妙法寺へとつながる広い参道がありました。やがて参道には小売店が集まるようになり、それが現在の新中野を代表する鍋横商店街へと発展していきました。中野区には、いくつかの「大商店街」とも言えるべき通りがありますが、その一つが、この鍋横商店街。地域に暮らす人たちには欠かせないショッピングストリートとなっています。
駅周辺には、鍋横商店街以外にも、遅くまで営業しているスーパー、品ぞろえの多いドラッグストア、サラリーマンが帰路にちょっと立ち寄れる居酒屋などもあり、生活者には不足のない環境が整っています。
賑やかな駅前を過ぎれば、そこから閑静な住宅街が広がります。決して高級住宅街という印象でもなく、また、下町風という印象でもなく、まさに中野文化とも言えるような落ち着いた住宅街です。
最近では若い夫婦の転入も多く、近隣の追分公園、杉山公園などでは、子育てをするママたちの姿もよく見られます。